ホーム>アフターケア
お手入れ方法
帯を解いた後はハンガーに数時間~半日程度、風通しのよい日陰につるしてください。

帯は細長い1枚の布なので、丁寧にもともとあった折り目を大事にして折っていけば簡単です。
別のところに新しい折り目ができないようにしてください。
名古屋帯の場合はちょっと難しい折り方ですが、普通は最初の折り目がちゃんと模様や、サイズを意識した折り方になっています。

着おわったらハンガー(着物用であればベターですが、普通のハンガーで十分です)に2~3時間かけておきます。
風通しのよい日陰につるします。(陰干しといいます)
ホコリや汚れが気になったら使わない絹のスカーフで軽く払っておきましょう。
しみやしつこい汚れは、着物屋さんに相談した方がよいでしょう。

ゆかたの場合はたたんで大き目の洗濯ネットに入れて、おしゃれ着洗いと同じように洗います(全自動の場合はウールコースです)。
洗い終わったらひたひたの水につけて洗濯のりをつけます。
脱水は短めにしてソデがピンと張るように干します。
半がわきのときにアイロンをかけた方が奇麗に仕上がります。
シミ抜き・黄変抜き・カビ落し

ベテランの加工技術者が、生地をいためないかどうかテストして、細心の注意を払って黄変を抜き、色かけ等をほどこして修正致します。
また、きものは湿気を含むとカビが発生しやすいので、少しでもカビの予兆が見られたら、早めに手入れをしましょう。放置すると取り返しのつかない変色の原因となります。

丸洗い

仕立て上がったままでき、きものにとって安心の丸洗いです。

部分洗い、汗抜き

衿、袖、袖口等の限られた部分の汚れを、落とします。
熱い季節にお召しになったきものの脇の部分は、汗により変色しやすい為、汗をかいた場合には、汗抜きをおすすめします。

お仕立て直し

手縫い仕立て または ミシン仕立てでお着物や袋帯・名古屋帯を仕立てます。
小さいサイズから大きいサイズに仕立て直す際、巾出しした部分が汚れている場合等があります。その場合、別途加工料が必要になります。

洗い張り

しみや汚れなどがひどい場合や体型に合わなくなり「仕立て直し」をする際に、着物をばらばらに解いて洗うことを「洗い張り」と呼びます。別名「解き洗い」とも呼びます。
丸洗いとは違い、洗い張りは「水」で洗います。水につけることで、張り詰めた絹糸が緩みます。緩んだ生地に、また元のように張りをいれ乾かします。
張りの入った生地は、再度お仕立てをして、ほぼ新品の状態に仕上がります。

ガード加工

撥水加工(はっすいかこう)で、お着物を水や汚れから守ります。

染め替え

全体を染め替える事で、違った雰囲気のきものにします。
お仕立て上がりのお着物につきましては、そのまま染める事は出来ませんので一度ほどいて 反物状態にしてから加工を致します。

色ヤケ直し・色掛け

色ヤケしたきものを色合せ致します。広範囲な色ヤケも可能です。
色が抜けた部分に、薄い色から徐々に重ね、元の色に近い状態に仕上げます。

柄修正

広範囲な汚れや黄変等で、シミ抜きや黄変抜きが不可能な場合などは、お客様の好みや、ご予算に応じて、柄を付け加えたり、箔加工致します。
加工により汚れの部分を隠します。派手になったきものの柄も、地味に色さし又は箔加工致します。

しみ抜きなど 見積もり無料 、お気軽にお問い合わせくださいませ

お問い合わせ

濱上呉服店へのご相談・お問い合わせはお気軽にご連絡ください。
CONTACT US